What's JLA map

ようこそJLA mapへ。
JLA mapは、JLAUおよびJLAU会員が運営するランドスケープ・アーキテクチュアのガイドマップです。
JLA mapには、JLAU会員が携わった現代ランドスケープ作品を中心に、日本庭園等の歴史・文化的作品、それら作品の発想の源泉となる国内の海・山・川等の自然景観を地図上にマッピングしています。
マップ上の作品等は、継続的にJLAU会員が投稿するシステムとなっていますので、JLA mapには完成がありません。
本マップをきっかけに、みなさんが実際にその場所に足を運んでもらえれば幸いです。

About us

JLAU宣言

1865年ランドスケープアーキテクトの職能がニューヨークのセントラルパークの建設の際に使われました。それからまもなく150年、いまや全世界で知られる職能になっています。ガーデナーや園芸家と区別したのが起源です。この連盟はその流れを汲むもので、JLAUは10年前に日本に誕生した登録ランドスケープアーキテクト(RLA)が中心となって組織化を進めている団体です。
自然への理解と社会への貢献を共通認識し、ランドスケープアーキテクトと仕事を協働する人、その仕事を理解し強い関心を示す人をステークホルダーとして迎えて組織運営を図ります。RLAが土の人だとすると風の人を不可欠とし、風と土が一体となってランドスケープイニシアティブで美しく活力ある地域づくりに邁進します。そこで名称に連盟・UNIONを付け、専門分化に進みすぎた方向から専門統合を目指しかつ国際組織を指向します。これにより専門家としての職能や職業を日本とアジアで確立しようという強い信念を持っています。
東日本大震災から2年が経過しプロフ工ツショナルとしての個人の行動と活動が一層重要になり、社会の変化に対応して進化する職能でないと存続できません。創造的な仕事では、天性の素質に左右されることもありますが、豊富な知識、豊かな経験、幅広い人脈の三つが有意となります。天性以外の有意な事柄を自己啓発するだけでなく、交流して学び合う機会をつくるのがJLAUです。一般社団法人としてのルールは当然定めますが、使命を掲げ、その実現に向けた全体目標を作り、行動のロードマップを共有してミッションドライブの運営といたします。
美しい活力ある地域をつくるという専門職能を通じた社会貢献、そして自らが発揮でき伸長できる能力への果敢な挑戦、そこで得られる自己実現、これら社会貢献と自己実現の二つはランドスケープアーキテクトの美学につながりましよう。

Japan Landscape Architects Union Declaration

  Our profession of Landscape Architect (L.A.) was born in 1865 when “The Central Park” was built over 150 years ago. The L.A. profession is now universally known. The establishment of Japanese L.A. professional association had been envisioned by all the “Registered Landscape Architect (RLA)” for over 10 years. We, RLA members, are united here again, currently developing this “JLAU” organization all together.
  “JLAU” recognizes that the comprehension of nature and the social contribution to society must be a common perception, with collaborative professionals, those who understand and occupy our interest in the mission of L.A.s, and as the stake-holders working together to push forward the boundaries towards a brighter future. Suppose L.A.s are ‘Earth Persons’, we require ‘Wind Persons’ as the (supporters) to collaborate and create livable communities and region together. Thus L.A.s can take the initiative to create a resilient and sustainable community. Therefore, we would like to use the word ‘Union’ in our united organization’s name in order to establish a more holistic, integrative and international organization to promote the landscape profession. JLAU has determined passion to promote and establish a powerful L.A. Union and our projects.
  Two years have passed since the Tohoku earthquake and Tsunami disaster. The community requires more professional L.A. who can solve the problems by taking more diverse approaches. To make creative projects, deep knowledge and diverse experience, and wide human networking are the mandatory requirements. JLAU shall create clear visions, and share approaches towards the creation of a better environment.
  We believe that Landscape Architects can contribute to the society through creation of landscapes, thus we grow as the professionals by challenging difficult situations. Only those who contribute to society and self-actualize make L.A.s to be very special and bright profession for the future of people.