What's JLA map

ようこそJLA mapへ。
JLA mapは、JLAUおよびJLAU会員が運営するランドスケープ・アーキテクチュアのガイドマップです。
JLA mapには、JLAU会員が携わった現代ランドスケープ作品を中心に、日本庭園等の歴史・文化的作品、それら作品の発想の源泉となる国内の海・山・川等の自然景観を地図上にマッピングしています。
マップ上の作品等は、継続的にJLAU会員が投稿するシステムとなっていますので、JLA mapには完成がありません。
本マップをきっかけに、みなさんが実際にその場所に足を運んでもらえれば幸いです。

Reports

2016.06.282016.06.19【重森三玲の美学】庭園文化セミナーVol.08

JLAU庭園文化セミナーVol.8「重森三玲の美学」が無事開催されました。講義では重森千青先生より、東福寺本坊庭園の竣工当初の庭園の写真(現在とは随分異なる)や、検討段階の複数案の図面、身内ならではのエピソードなど、興味深い話の連続でした。その後、本坊庭園、龍吟庵庭園を見学。解説を頂きながら雨で濡れた瑞々しい庭をゆっくりと堪能しました。懇親会でも重森先生を交えて、庭園論やデザイン論、更なる秘蔵話やよもやま話が飛び交い、重森三玲を一層身近に感じる有意義な会となりました。

 

160619sigemori02

貴重な写真や図面を交えたレクチャー。写真は東福寺本坊西庭の竣工当時の写真。苔のない白砂敷き。立ち上がりのないサツキの大市松。

 

160619sigemori03

南庭「瀛州」の石組。7mの丹波石の赤と立石の青のコントラスト。重森オリジナルの砂紋は今と違って青海波を崩した模様だったとか。

 

160619sigemori04

北庭の小市松。南庭の敷石を再利用する作庭条件から生み出されたデザイン。当初は東側半分は白砂敷きだったが苔の生育が良すぎて全面が苔となってしまった。

 

160619sigemori05

龍吟庵西庭。龍を徹底的にモチーフとした庭。雨に濡れて青石、敷砂のコントラストが鮮やか。

 

160619sigemori06

龍吟庵東庭。狼に襲われた国師を2匹の犬が戦って守ったという故事を表したもの。赤砂は戦いによる流血を表したという。

 

 

160619sigemori07

懇親会。人間重森三玲の貴重なエピソードもあり、大いに盛り上がりました。