What's JLA map

ようこそJLA mapへ。
JLA mapは、JLAUおよびJLAU会員が運営するランドスケープ・アーキテクチュアのガイドマップです。
JLA mapには、JLAU会員が携わった現代ランドスケープ作品を中心に、日本庭園等の歴史・文化的作品、それら作品の発想の源泉となる国内の海・山・川等の自然景観を地図上にマッピングしています。
マップ上の作品等は、継続的にJLAU会員が投稿するシステムとなっていますので、JLA mapには完成がありません。
本マップをきっかけに、みなさんが実際にその場所に足を運んでもらえれば幸いです。

Reports

2016.11.29【JLAU スケッチ講座】 Vol.5 基礎編・秋 活動レポート

八木健一さんを講師に向かえ、ランドスケープ技術者に欠かせない風景スケッチの技術を基礎から学ぶ全4回のスケッチ講座基礎編を開催しました。今回は学生3名・社会人5名、計8名が参加しました。

第1・2回は、モチーフやくだもの、バラの花などを使い、目の前にあるものを正確に捉えて描く練習や水彩色鉛筆の使い方などを学びました。それらを踏まえ、第3・4回では実際に外に出て風景を描く講習を行いました。第3回は日比谷公園のペリカンの噴水や花壇、第4回は明治神宮外苑の絵画館をスケッチしました。
第4回終了時に、4回すべてに参加した4名の方には、基礎編の修了証を授与しました。

参加者からは、見る力・観察力が大切だということが分かった、目に見えているものは簡単そうなのに絵にすることはむずかしかった、鉛筆を使って角度を確認すると自分の感覚と違っていた、各人の力に合わせて「気づく」ためのポイントを教えてもらえるのでよかったといった感想がありました。

参加者自身が回を重ねる毎に上達していく手ごたえを感じていたのではないかと思います。これからも続けたいという声も多く聞かれました。
楽しく充実したスケッチ講座となりました。