What's JLA map

ようこそJLA mapへ。
JLA mapは、JLAUおよびJLAU会員が運営するランドスケープ・アーキテクチュアのガイドマップです。
JLA mapには、JLAU会員が携わった現代ランドスケープ作品を中心に、日本庭園等の歴史・文化的作品、それら作品の発想の源泉となる国内の海・山・川等の自然景観を地図上にマッピングしています。
マップ上の作品等は、継続的にJLAU会員が投稿するシステムとなっていますので、JLA mapには完成がありません。
本マップをきっかけに、みなさんが実際にその場所に足を運んでもらえれば幸いです。

Events

PDF
2016.01.21
公園活性化セミナー【番外編】 

【終了しました】
今年度4回にわたり実施してまいりました公園活性化セミナの番外編として、日頃なかなか出会えない公園のつくり手と利用者が集まる交流会を実施します。

前半は、話題提供といたしまして4名のRLAが子ども時代の遊びと原風景、これまで自分が携わってきた仕事について語ります。
後半は、これからの公園や遊び場のあり方についての意見交換や交流会といたします。
公園や遊び場に色々な形で携わるみなさんのご参加をお待ちしています。

平成28年2月5日(金)19:00~21:30 
【住 所】東京都世田谷池尻2-3-11 3F
【交 通】東急田園都市線「池尻大橋」駅から徒歩7分
【対 象】公園技術者 / 公園行政に従事している方 / 冒険遊び場運営者 / 一般 / 学生 どなたでも
【定 員】30名(先着順 / 事前申込制)
【参加費】 ¥1,500 / (JLAU & 学生割引¥1,000) (おでんつき)

お申し込み・お問い合わせ先:プレーパークせたがや事務局 
電子メール setagaya@playpark.jp
TEL 03-3414-4175

PDF
2015.12.11
【作庭の現場ー「滋賀メモリアルパーク」の施工現場を訪ねる】庭園文化セミナー Vol.07

【終了しました】
今回は特別編として、滋賀県山中に現在施工中の大規模庭園「滋賀メモリアルパーク」を訪れ、施工を手掛ける植芳造園の井上敏宏さんの解説で見学を行います。作庭の現場に触れる貴重な機会です。造園設計施工に関わる実務者、特に若い世代の方には為になる企画かと思いますので、ふるってご参加ください。
日時:2016年1月16日(土) 13:00~

PDF
2015.11.20
「生きものがよみがえってきた江戸前の海」シンポジウム開催のお知らせ

【終了しました】
かつて「江戸前」と呼ばれた東京湾は、豊富な魚介類がとれ、江戸の人々の生活を支えていました。高度経済成長期に一度は大きく減った生きものでしたが、海上公園が整備されたことで、ひとが海に親しめる場が戻り、生きものがよみがえりつつあります。2020年に、東京でオリンピック・パラリンピックが開かれます。2020年は、生物多様性条約の愛知目標の達成年でもあります。世界の目が東京に集まります。今回のシンポジウムでは、生きものの保護や研究に携わる専門家に「江戸前」の価値や魅力をお聞きし、将来に何をどのように残していくかを、みなさんと考えます。奮ってご参加ください。

■プログラム(13:30~17:00)
 講演「なぜ東京湾に海上公園が生まれたのか」
  樋渡達也(NPO法人みどり環境ネットワーク!理事長)
 講演「ウナギから見た東京」
  海部健三(中央大学法学部)
 講演「鳥たちの東京ベイサイド」
  金井 裕(日本野鳥の会参与)
 講演「東京湾のトビハゼ~北限の生息地での現状~」
  田辺信吾(東京動物園協会葛西臨海水族園)
 パネルディスカッション
  「東京湾はオリンピック・パラリンピックのレガシーになれるか?」

問い合わせ・申し込み先:
日本自然保護協会保護室 TEL:03-3553-4103
Eメール:umm@nacsj.or.jp (このメールに返信すると申し込みアドレスになります)(要事前申込み、参加費無料)
日時:2015年12月13日(日) 13:30~  場所:中央区立環境情報センター 東京スクエアガーデン6階

2015.11.09
【変わりゆく環境ビジネス】GBJ冬のシンポジウム2015

【終了しました】
サステイナビリティに対する責任を果たす経営姿勢は、企業価値に大きく影響する要因として、経営の根幹を成す重要課題となりつつあります。各企業はESG(環境Environment、社会Social、ガバナンスGovernanceの頭文字を取ってESGと呼ぶ)への配慮を外形的・明示的に示す必要が急速に高まっており、実際、フォーチュンン100社の内の88社がLEEDに取り組んでいるという事実も報じられています(ハーバードビジネスレビュー 2015年11月号)。建設に関わるサステナビリティについても、業界内での取り組みから投資家などを巻き込んだより大きな動きを見せ始めています。今回のGBJシンポジウムでは、「サステイナブル社会の実現に取り組む企業からのメッセージ」として各企業からの発表も取り入れながら、急拡大する環境ビジネスに焦点を当て、その変化と今後の展開について幅広い分野の皆さまとともに見通してみたいと考えています。

<プログラム>
1. 「サステイナブル社会の実現に取り組む企業からのメッセージ」(GBJ法人会員企業数社)
2. 2015年 LEED認証授与式
3. グローバルトップランナー企業の取り組み
 (シティバンク プロジェクト&アセットマネジメント・ヘッド シニア・ヴァイスプレジデント
  ダンカン・マッキンタイア氏)(予定)
4. 責任投資原則とグリーンビルディング (国連環境計画特別顧問 末吉竹次郎氏)(予定)
5. USGBC/GBCIからのプレゼンテーション(USGBCシニアアドバイザー ジェーン・ヘンリー(予定)
6. GBJからのプレゼンテーション

詳細・お申込みはこちら→ http://www.gbj.or.jp/symposium2015winter/

日時:2015年12月14日(月)14:00~18:00 場所:二子玉川ライズスタジオ

PDF
2015.11.09
「地域経済を支援する公共空間のあり方」PDC秋期シンポジウム

【終了しました】
内容:
近年、オープンカフェの社会実験などを経て、道路空間のオープン化が推し進められ、河川においても同様のオープン化が進められるようになった。これらの動きは、公共空間の民間開放により、新たなビジネスチャンスを生み出すものであり、地域経済を支援する仕組みの提供として捉えることができる。そこで、これらの活動を先駆的に取り組まれてきた方を招き、このような動きを全国に展開するための知恵を伺うとともに、それらを実現する環境装置について議論を行う。
申込先は下記を参照下さい。
http://www.pdc-j.org/


日時:2015年11月28日(土)13:30〜17:45  場所:日大理工学部

PDF
2015.11.05
都市デザイン部会見学会セミナーVol.2 【新東京のランドスケープデザイン】

【終了しました】
JLAU都市デザイン部会第2回見学会は壁面・屋上・特殊緑化技術コンクールと緑の都市賞で国土交通大臣賞を授賞した東京の中心地に佇む案件を題材に、最先端の設計技術による現場を視察するとともに関係者から設計時の思想や課題についてお話を伺い、都市デザイン部会の研究材料、及び提言材料として考えていきます。

講師  岡部真久氏(日建設計)、登坂誠氏(Blue Ocean Design,元日建設計)、蕪木伸一氏(大成建設)
日時  平成 27 年 12 月 5 日(土) 13:00〜
場所  東京スクエアガーデン、東京駅八重洲口グランルーフ、大手町の森
内容  実際に設計に関わったランドスケープ設計実務者を講師に迎え
設計内容や課題等の説明と現地見学
造園CPD認定プログラム [3.0単位] 認定番号:15−0362
時間  1)施設見学(東京スクエアガーデン)13:00~14:00 (移動 10 分)
2)施設見学(東京駅八重洲口グランルーフ)14:10~15:10 (移動 10 分)
3)施設見学(大手町の森)15:20~16:20 (移動 10 分)
4)質疑応答及び交流会 16:30

会費  JLAU会員1,000円 一般・学生2,000円
人数  30人程度(JLAU会員を優先)

申込/問い合わせ :seminar@jlau.or.jp JLAUセミナー委員会事務局
申込期限 平成27年11月27日(金)まで
日時:平成 27 年 12 月 5 日(土)

2015.11.04
『海外で建築を仕事にする2 都市・ランドス ケープ編』の出版記念イベント

【終了しました】
ボーダーラインを越える仕事のつくりかた
国境、分野同士の壁、自分自身の限界など、さまざまな境界線=ボーダーラインを越えて仕事をされてきた16人。
今回は、延べ12年間、7か国、15都市でプロジェクトに携わってこられた編著者の福岡孝則さんをホストに、石上純也建築設計事務所の戸村英子さん、日建設計都市デザイングループの金香昌治さんのお二人をゲストとして迎え“海外で建築を仕事にする”ことのリアルや、アーバンデザイナー、ランドスケープデザイナーという職能の未来像を語っていただきます。
定 員:40名(先着順)
参加費:1500円
主 催:学芸出版社
申 込:特設サイト内・申込フォームより
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1511architects-working-abroad-2/index.htm

日時:2015年11月17日(火)19:00~21:00 場所:建築書店アーキブックス (建築会館 内)

PDF
2015.10.27
公園活性化セミナー2015【公園の進化を考えるvol.4 -冒険遊び場のデザインに学ぶ-】 

【終了しました】
【造園CPDプログラム No.15-0356 2.0単位】

〈JLAU〉と冒険あそび場プレーパークの運営に40年の実績がある〈NPO法人プレーパークせたがや〉が公園の進化を考える合同セミナーを開催します。「冒険遊び場のデザインに学ぶ」をテーマとし、身近な公園における子どもの遊びや日常の利用から見えてくる課題と可能性から「公園の進化」を考えていきます。
プレーパークせたがやの大垣内弘美氏を講師にお招きし、二子玉川公園で取り組まれているプレーカーによる冒険遊び場の「出前」や福島県福島空港公園で実施した一日冒険遊び場を事例として、遊び場や憩いの場づくりに必要な視点と場のしつらえ方、利用状況や利用者の声などをお話いただき、設計や管理運営に活かすことのできるアイデアを探っていきます。

平成27年12月4日(金)19:00~21:00 
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター (部屋番号等は決まり次第お知らせいたします)
会費:JLAU会員 2000円、一般 3000円、学生1000円(当日会場にてお支払をお願いいたします)

お申し込み・お問い合わせ先:プレーパークせたがや事務局 
電子メール setagaya@playpark.jp
TEL 03-3414-4175

PDF
2015.10.01
公園活性化セミナー2015【公園の進化を考えるvol.3 -冒険遊び場のデザインに学ぶ-】 

【終了しました】
【造園CPD認定プログラムNo.15-0307 2.5単位】

〈JLAU〉と冒険あそび場プレーパークの運営に40年の実績がある〈NPO法人プレーパークせたがや〉が公園の進化を考える合同セミナーを開催します。「冒険遊び場のデザインに学ぶ」をテーマとし、身近な公園における子どもの遊びや日常の利用から見えてくる課題と可能性から「公園の進化」を考えていきます。
プレーパークせたがやの天野秀昭氏を講師にお招きし、子どもの生きる力を育てる冒険遊び場のデザインから公園の可能性に迫ります。(8月7日実施のセミナーと同じテーマを予定しています)

平成27年11月6日(金)19:00~21:30 
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟502号室
会費:JLAU会員 2000円、一般 3000円、学生1000円(当日会場にてお支払をお願いいたします)

お申し込み・お問い合わせ先:プレーパークせたがや事務局 
電子メール setagaya@playpark.jp
TEL 03-3414-4175

PDF
2015.09.30NEW
【小川治兵衛の美学】庭園文化セミナー Vol.06

【終了しました】

日本を代表する名園見学を通じて、わが国固有の庭園文化や技術に触れる連続セミナーです。第6回目は、植治こと7代目小川治兵衛作庭による對龍山荘と白河院庭園を訪れます。對龍山荘は一般公開されておらず、庭園は国の名勝にも選ばれる名園、建築は島田藤吉による「京数奇屋名邸十撰」にも選ばれる名建築です。植治が多く手掛けた南禅寺界隈の別荘群の町並も散策します。貴重な機会ですのでふるってご応募ください。

日時:2015年11月2日(月) 12:30~