What's JLA map

ようこそJLA mapへ。
JLA mapは、JLAUおよびJLAU会員が運営するランドスケープ・アーキテクチュアのガイドマップです。
JLA mapには、JLAU会員が携わった現代ランドスケープ作品を中心に、日本庭園等の歴史・文化的作品、それら作品の発想の源泉となる国内の海・山・川等の自然景観を地図上にマッピングしています。
マップ上の作品等は、継続的にJLAU会員が投稿するシステムとなっていますので、JLA mapには完成がありません。
本マップをきっかけに、みなさんが実際にその場所に足を運んでもらえれば幸いです。

Events

PDF
2017.01.04
JLAU庭園文化 セミナー Vol. 10【冬の庭園探訪- 大河内山荘と嵯峨野の庭めぐり-】

【終了しました】

日本を代表する名園見学を通じて、わが国固有の庭園文化や技術に触れ る連続セミナーです。第10 回目は、往年の時代劇名優・大河内傅次郎 が30 年の歳月を費やして創り上げた約2ha の大庭園を持つ大河内山荘 を中心に、その周辺に点在する嵯峨野の庭も合わせて巡ります。庭園の 骨格があらわになる冬ならではの見学会となるでしょう。寒い折ですが 奮ってご参加ください。

※定員に達したため、受付を終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

<プログラム>
2017 年2 月4 日 (土)12:45 ~
12:45~13:00  京福電鉄嵐山駅前 集合・受付(時間厳守)
13:00~15:00 大河内山荘庭園 見学・解説
15:00~17:00  嵯峨野散策(常寂光寺、二尊院、落柿舎など予定)
17:30~            懇親会(近くのお店にて 自由参加・会費別途)

<講師>
吉田 昌弘 氏
(株)空間創研 取締役会長
(一社)ランドスケープアーキテクト連盟(JLAU) 理事
(一社)ランドスケープコンサルタンツ協会(CLA) 顧問

<参加費用>
JLAU,CLA 関西会員¥1,000、 一般¥2,000
(当日受付にてお支払いください)
※参加費用には大河内山荘庭園の拝観料を含みます。その他の庭園の拝観料については別途実費となりますのでご了承ください。 参加をご希望の方は事前の申込みをお願いします。定員20 名程度とさせていただきます。

<お申し込み方法>
※定員に達したため、受付を終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

<お問い合わせ
seminar@jlau.or.jp
JLAUセミナー委員会連絡事務局まで

 

PDF
2016.11.15
事業セミナー委員会 H28年度イベント・セミナー年間予定

事業セミナー委員会の8つの部会が開催するイベント・セミナーの予定をお知らせします。

ぜひ、興味のあるイベント・セミナーをチェックして、予定に入れてください。

各セミナーの最新情報は、Eventsにアップされる情報をご確認ください。

 

PDF
2016.10.18
JLAU 都市デザインセミナー Vol.006【時間の経過から 都市・ディテールを学ぶ】

【終了しました】

ランドスケープデザインのトップランナーである設計者をお招きし、竣工後約10年の 時間を経たプロジェクトを見学します。竣工時話題を呼んだ各プロジェクトは周辺都 市開発に先駆けてできており、 取り巻く環境の変化も大きなものです。 今回は、新駅が計画されている山手線の品川駅周辺を舞台に見学 を行います。 ひとつの作品として、ランドスケープの視点での都市へのアプローチ、様々な新しい 挑戦が 時を経てどのような進化を遂げているか、濃密な時間と空間を共有しながら 東京の未来の風景について考える機会を設けます。

【講師プロフィール】
平賀達也氏
Tatsuya Hiraga
株式会社ランドスケープ・プラス 代表取締役
1969 年徳島県生まれ。高校卒業後に単身渡米。1993 年ウェストヴァージニア大 学卒業後、日建設計ランドスケープ設計室の勤務を経て、 2008 年株式会社ランドスケープ・プラス設立。 現在同社代表取締役、東京工業大学及び東京農業大学 非常勤講師。都市の中で自然とのつながりを感じられる 空間づくりや仕組みづくりを実践。主な作品に「としま エコミューゼタウン」、「新宿ガーデン」、「二子玉川ライズ」「桜上水ガーデンズ」などがある。

大橋鎬志氏
Koshi Ohashi
株式会社M&N環境計画研究所 代表取締役
登録ランドスケープアーキテクトフェロー(RLA Fellow)
1943年静岡県生まれ。 千葉大学園芸学部造園学科卒業。学生時代より造園施工の 伝統的手法と、新しい造形表現の融合の必要性を論じ、造 園・園芸・土木等7年間の施工を経験。1972年より外空間 作家深谷光軌氏に師事。1977年に大橋環境計画設計事務所 設立。1988年から(株)M&N環境計画研究所としてMan & Natureのより良い関わりを目指した環境づくりをプロジェ クトの中で展開。

三谷徹氏
Toru Mitani
オンサイト計画設計事務所 パートナー
千葉大学大学院園芸学研究科 教授
1960年静岡県生まれ。 東京大学大学院建築学専攻修士課程修了。 ハーバード大学大学院ランドスケープアーキテクチュア修 士修了。博士(工学)取得。 ピーター・ウォーカー&マーサ・シュワルツ事務所勤務、 ササキエンバイロメントデザインオフィス勤務、滋賀県立大学環境科学部助教授を経て、現職。 オンサイト計画設計事務所とともに設計活動。

【日時】
平成28年11月23日(水/祝)12:30 ~ 16:30
【場所】
大崎シンクパーク、御殿山庭園(旧称•御殿山ヒルズ)、品川セントラルガーデン
【参加費用】
JLAU 会員 /500 円、一般 /2000 円 ※交流会別途
【プログラム】
1)施設見学(大崎シンクパーク)
12:30~13:30(移動25 分+α)
2)施設見学(御殿山庭園)
14:00~15:00(移動15 分+α)
3)施設見学(品川セントラルガーデン)
15:30~16:30
4)交流会(品川周辺)
17:00~19:00
【お申し込み】
https://goo.gl/forms/ZS7GWTCyXBTvor4m1
事前の申込をお願いします。人数に達し次第締切(定員 30~40 名)
※集合場所等は参加者に直接ご連絡します
【お問合わせ】
seminar@jlau.or.jp
JLAUセミナー委員会連絡事務局まで

【注意事項】
当日は歩きやすい服装、靴でお越し下さい。

PDF
2016.10.17
JLAU+Timberize共催セミナー Vol.1【人と場をつなぐUrban Geometry】

【終了しました】

【造園CPDプログラムに認定されました】
認定番号:16-0334 単位:2.0

■この度JLAU(日本ランドスケープアーキテクト連盟)はteam Timberizeと共催でセミナーを開催することになりました。
記念すべき第一回は第一部として「人と場をつなぐUrban Geometry」と題しまして、ベルギーを本拠地に橋梁デザインの第一線で活躍される Ney&Partners 日本事務所代表の渡邊竜一氏を講師に迎えセミナーを開催します。
このセミナーでは出島という歴史的景観の中での架橋を行なう上でのデザインの進め方、長崎駅前広場プロポーザルでの木を用いた斬新な提案など、長崎における景観への取組みを筆頭に、様々な地域で市民協働を通じながら公共における土木、建築、構造デザインを展開している、その取組みをご紹介頂きながら、設計スタンスやこれからの設計における木とランドスケープの可能性を考えていくセミナーを開催します。

第二部としましては、渡邊竜一氏のセミナーを踏まえ、Timberize木橋研究会が日頃の研究成果を交えてトークライブを行ないます。

■講師:渡邊竜一氏(Ney&Partners日本事務所代表取締役)
■プロフィール
1976 年山梨生まれ。ネイ&パートナーズジャパン代表取締役。2001 年、東北大学大学院都市建築学専攻修士課程修了。2009 年-2012 年Ney & Partners(ベルギー)勤務、橋梁デザインに取り組む。2012 年株式会社ネイ&パートナーズジャパンをローラン・ネイと共同設立。橋梁を中心とした土木構造物の設計、民間メーカーとのプロダクトデザインなど構造(技術)的アイデアを軸に、デザインと構造が融合した切り口の提案を行っている。国内でのプロジェクトは、札幌路面電車停留所、三角港キャノピー、長崎駅前広場、出島表門橋、鉄道駅舎、ペデストリアンデッキなど。

■日時:平成28年11月24日(木)開場18:15 開演18:30~20:45(21:00)
■会場:東京都港区浜松町1-14-5 コトブキD.I.センター 2Fホール(浜松町駅徒歩5分)
■人数 100人(先着順)
■参加費:JLAU・Timberize会員/500円   一般・学生/1000円
■申込:申込フォームからお進みください。
申込期限:平成28年11月21日(月)(定員になり次第締切る可能性があります)

問い合わせ :seminar@jlau.or.jp JLAUセミナー委員会連絡事務局まで

PDF
2016.10.12
【コロンビア正義の都市再生物語 Social Urbanism】第9回大林賞 アレハンドロ・エチェベリ 受賞記念シンポジウム

【終了しました】

本シンポジウムは、第9回大林賞授賞式に引き続き行われます。

会場:株式会社大林組本社3階講堂 東京都港区港南2-15-2品川インターシティB棟

主催 公益財団法人大林財団
協賛 株式会社大林組
定員 200名 入場料 無料

申し込み方法 ホームページよりお申込み下さい。
www.obayashifoundation.org/
応募者多数の場合は抽選とし、当選者には11月11日(金)までにメールにて通知致します。
申し込み締切 2016年10月21日(金)

詳細お問合せ 公益財団法人大林財団
〒104-0045 東京都中央区築地1-12-22 コンワビル5F
TEL:03-3546-7581 FAX:03-3546-7582
Mail:obf-zaidan@obayashi.co.jp
日時:平成28年11月24日(木) 15:00-17:30 (開場14:30)

PDF
2016.10.10
JLAU若手会主催イベント第三弾【西村ナイト!!】

【終了しました】

JLAUの若手が主催する○○ナイト第3弾!!
西村ナイト!!
今回は、最前線で「地域を巻き込み、活躍されている」、株式会社ワークヴィジョンズの西村浩さんと有限会社 リビングワールドの西村佳哲をお招きし、ランドスケープアーキテクトとしての新たな地域との関わりを探っていきます。

ランドスケープアーキテクトとは異なる視点で、地域を見つめるお2人が地域との関わり方や現状など、それぞれの仕事を通して、今考えていることを語ります。
イベント終了後は、お2人を囲んでの懇親会も開催します。
佐賀や徳島のおいしい食べ物もご用意しています♪

ゲスト略歴

西村佳哲氏
有限会社 リビングワールド
プランニングディレクター/ 働き方研究家
1964 年東京生まれ。武蔵野美術大学卒。デザインプロジェクトの企画立案とチームづくり、ディレクションや、ファシリテーター役を担うことが多い。著書に『自分の仕事をつくる』(ちくま文庫)、『ひとの居場所をつくる』(筑摩書房)など。
2014 年春から四国・神山町、東京、どこか(出張先)の多拠点生活をはじめ、おもには神山にいる。

西村 浩氏
株式会社ワークヴィジョンズ
建築家/クリエイティブディレクター
1967 年佐賀県生まれ。東京大学工学部土木工学科卒業、東京大学大学院工学系研究科修士課程修了後、1999 年にワークヴィジョンズ一級建築士事務所を設立。土木出身ながら建築の世界で独立し、現在は、都市再生戦略の立案からはじまり、建築・リノベーション・土木分野の企画・設計に加えて、まちづくりのディレクションからコワーキングスペースの運営までを意欲的に実践する。

日時:2016/11/11(金) 19:00 ~ 21:00
場所:COTOCO TOKYO (東京都 品川区東品川 1-5-10-B)

会費:JLAU会員1,500円 一般2,500円 学生1,000円
懇親会費:2,000円

申し込みは申し込みフォームからお進みください。

PDF
2016.10.10
JLAU多様性セミナー2016【生産地から学ぶ東京の地域性種苗の生産】

【終了しました】

今年より活動を開始する多様性部会では、ランドスケープを通じた生物多様性の保全・回復、文化的多様性や持続可能な地域づくりに関する「多様性セミナー」を開催していく予定です。活動の第1回目となる今回のセミナーでは、ランドスケープの材料として重要な植物に着目して、東京の地域性種苗を生産されている下田園芸の生産地において、地域性種苗の生産の方法と手順についてお話を伺います。また、参加者と講師の意見交換を通じて地域性種苗の普及について議論を深めていく予定です。生物多様性の観点から植物材料を学ぶ機会としてぜひご参加下さい。

【日時】
2016 年 11月5日(土)14:00~17:00

【場所】
下田園芸生産苗圃(〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木2-20-2)
JR 箱根ヶ崎駅もしくは立川駅よりバスにて「三ツ木」下車、徒歩約10 分

【講師】
下田幸男氏(下田園芸)

【参加費用】
JLAU会員/1,000円、一般/2,000円、学生/1,000円

【定員】
20 名(先着順/ 事前申し込み制 定員になり次第締め切らせて頂きます。)

【申し込方法】
下記のURL へアクセスし、申し込フォームよりお申込み下さい。
https://goo.gl/forms/IaLijcWvpOo3jIDs1

【お問い合わせ】
seminar@jlau.or.jp
JLAU セミナー委員会連絡事務局まで

*10/30(日)までにお申し込みください。定員になり次第締め切ります。
★締め切りを延長しました。11月3日(木)までに申し込み下さい。
*当日は屋外の生産地を歩きますので、歩きやすく、汚れても良い靴と服装でお越しください。また、小雨程度の場合は実施しますので、その場合は傘をご持参ください。
*荒天が予想され、中止の場合は前日11/4(金)の12:00 までに申し込み時のメール宛てに中止の連絡をいたします。

PDF
2016.10.10
公園活性化セミナー2016 vol.4 「震災と公園」 

【終了しました】

【造園CPDプログラム16-0338 2.5単位】
2016年4月14日の前震の発生から、16日の本震、そして幾度もの余震が続いた熊本地震は、人的被害、建物被害、土砂災害、熊本城をはじめとする文化財の被害等大規模な被害をもたらしました。災害時に公園等のオープンスペースが諸機能を発揮することはこれまでの事例から明らかですが、阪神淡路、東日本、熊本等の地震を俯瞰すると地震のタイプ、規模、震源や被災地域の条件の違いにより被害および避難の状況が異なることがわかります。今一度、過去の例に学び、平時から公園のあり方を考え続けることが大切です。
本セミナーでは公園を共通の対象としながら、異なる視座、視点から深く公園に関わってこられた蓑茂壽太郎氏、天野秀昭氏のお二人に「震災と公園」をテーマにお話いただきます。過去の震災と公園、平時の公園を俯瞰し、今後の公園はどうあるべきかを広い視野で考える機会となれば幸いです。多くのご参加をお待ちしております。

【概 要】
講演1 『熊本地震で得た小公園マネジメントのヒント』
講師:蓑茂壽太郎氏(一般財団法人 公園財団理事長)


講演2 『復興まちづくりにおける子どもの存在と公園の役割』
講師:天野秀昭氏(特定非営利法人プレーパークせたがや理事)

対 談  蓑茂壽太郎氏 × 天野秀昭氏

【日 時】
2016.11.17(木)18:50~21:20
【会 場】
国立オリンピック記念青少年総合センター『センター棟309』
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
小田急線参宮橋駅より徒歩10分
東京メトロ千代田線代々木公園駅(4番出口)から徒歩15分
【参加費】
JLAU会員:1000円(JLAU学生会員は無料)
一 般:2,000円
学 生:500円
【定 員】
100名(先着順 事前に下記申し込みフォームよりお申し込みをお願いいたします)
【お申し込み】
終了しました。

【お問合わせ】
件名を「公園セミナー」とし、下記のいずれかまで、eメールにてお願いいたします。
「@」は半角にしてください。
JLAU e-mail:seminar@jlau.or.jp
プレーパークせたがや e-mail:otoiawase@playpark.jp
【主 催】
(一社)ランドスケープアーキテクト連盟、NPO法人プレーパークせたがや

PDF
2016.09.30
【マンホール工場を見に行こう!】素材を知る/ 素材の可能性を探る

【終了しました】

設計で使用する様々な素材を知ることで、その素材の可能性を探る工場見学。第一弾は、マンホール工場です。熱い鉄を溶かし、型に流す工程は圧巻です。マンホールの仕組みも学べます。実際に、工場の職人さんにも話が聞けるので、作成工程の疑問やこんなデザイン作れるの?等の疑問を聞いてみましょう!また、話題の大谷資料館にも立ち寄ります。マンホールグッズももらえるかも?

日之出水道機器(株) 栃木工場+大谷資料館
参加費:JLAU 会員・学生¥5,000/一般¥6,000(バス代込 昼食付)

以下のサイトから申し込みをお願いします。先着40名です。10 月16日(日)締め切りです。
パスワード jlau
http://jlau-kengaku.peatix.com
日時:平成28年11月3日(文化の日) 8:00-18:00

PDF
2016.09.27
【カリフォルニアの戦後の日本庭園】JLAU 特別セミナー

【終了しました】

講演1:米国マンザナー国立史跡公園における日本庭園群
第二次世界大戦中、日系アメリカ人の収容所の一つであるマンザナー(1942-1945)の収容者の多くは、カリフォルニア州南部で農業または庭園造園業に従事していた。終戦までに食堂や医療施設の前など公共的な空間に100を超える庭が造られた。これらは、収容所の閉鎖時に全てが放棄された。1995年国立遺跡公園化を契機に、日系米国人の団体であるマンザナー委員会が、庭の発掘復元の支援を国立公園局に行っている。現在まで日系人また日本人専門家の支援により約20の庭が発掘復元されている。こうした活動報告とともに、庭園の価値と保存・活用について議論を深める。

講演2:上杉武夫氏を偲んで
米国にて、日本を代表する文化として日本庭園を海外に発信したいとの信念で日本庭園についての研究さらに作庭の実践にも携わる。庭園は生活の一部という基本的考えのもとで米国の気候・風土、ライフスタイル・スケールに溶け込む庭園を追求。デザイン分野において特に高い評価を得る一方で、日本庭園の美しさを後代に継承していくため、後進の指導・育成にも尽力。生前の交流の深い講師より、業績の紹介、学ぶべき理念が語られる。

講師
小林竑一氏  ランドスケープアーキテクト
プロフィール:1945 年大阪生まれ。1968 年京都大学農学部林学科造園学講座卒業。京都大学助手、オハイオ州立大学助教授を経て、米国でランドスケープアーキテクトとして実務に携わる。

申込方法
1)募集人数  25 名 申込順
2)参加費   JLAU 会員・学生:1000 円 一般:2000 円
3)申込先   下記アドレスの申込フォームからお申し込みください。
専用申込フォーム https://goo.gl/forms/kLcFqSZ2ilHBUkv32
日時:2016 年 10 月 25 日(火) 19:00~21:00(受付18:30より) 会場:造園会館 8F 緑の会議室(東京都渋谷区神南1-20-11)