What's JLA map

ようこそJLA mapへ。
JLA mapは、JLAUおよびJLAU会員が運営するランドスケープ・アーキテクチュアのガイドマップです。
JLA mapには、JLAU会員が携わった現代ランドスケープ作品を中心に、日本庭園等の歴史・文化的作品、それら作品の発想の源泉となる国内の海・山・川等の自然景観を地図上にマッピングしています。
マップ上の作品等は、継続的にJLAU会員が投稿するシステムとなっていますので、JLA mapには完成がありません。
本マップをきっかけに、みなさんが実際にその場所に足を運んでもらえれば幸いです。

Events

PDF
2021.05.25
【終了】【JLAUランドスケープ特別セミナー】JLAUが掲げる3つのテーマ

JLAUは、アジア太平洋地域で活躍するランドスケープアーキテクトとともに、気候変動時代の展望と戦略を語り合う国際会議を2023年に⽇本で開催します。これを機に、2023年⼤会のメインテーマ「Living with Disasters/⾃然とともに⽣きていく」を⽀える3つのテーマ「GreenInfrastructure」「Well-being」「Landscape Culture」をJLAUの更なる発展を担うプロジェクトとして位置づけ、⼾⽥会⻑のもとで3副会⻑がその牽引役を務めることになりました。
2021年度のJLAU総会後に特別セミナーを開催し、3副会⻑から3つのテーマに対する考え⽅や活動⽬標をお話しします。その後、活動のリーダ―役を担うメンバーにも参加いただき、多世代のランドスケープアーキテクトや、ランドスケープに関⼼の⾼いステークホルダーと志を共にできる活動内容や活動⼿法を議論します。本セミナーが、ランドスケープの総合⼒を持って「⾃然とともに⽣きていく」ための議論と実践を進めるきっかけになることを願っています。

 

【日時】2021年6月26日(土)15:00-17:00

【会場】オンライン(ZOOMウェビナー)

【セミナー内容】

[主催者代表挨拶]     戸田芳樹(JLAU会長/戸田芳樹風景計画)

[キーノートスピーチ]   3副会長による3つのテーマに対する考え方

[パネルディスカッション] 3副会長+3委員長+事務局長による討論・質疑応答

討論テーマ「3つのテーマを軸に据えた活動内容や活動手法」

 

【パネルディスカッション登壇者】

[パネリスト]

副会長:篠沢健太(工学院大学)/忽那裕樹(E-DESIGN)/平賀達也(ランドスケープ・プラス)

委員長:岩井洋(大林組)/鈴木裕治(オンサイト計画設計事務所)/吉武宗平(鳳コンサルタント)

[コーディネーター]

事務局長:高橋靖一郎(LPD)

 

【参加費】 無料

【定員】 先着100名

【お申し込み】https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_zWTF5_TqRUibBhUiUnU3zQ

【造園CPDについて】※認定プログラム 21-0112 2.0単位
造園CPD 単位の取得を希望される方はウェビナー申し込み時にご自身のCPD 会員ID 番号(12 ケタ)を記入してください。セミナー当日の中間で参加の確認を行いますので、必ず登録された氏名でログインしてください。当日参加の確認が取れれば自動登録されます。

【お問い合わせ】jlau.seminar@gmail.com

PDF
2021.05.04
【終了】第二回気候変動と雨水活用シンポジウム 雨水活用の普及と基準や制度を考える

2020年2月19日に開催された「気候変動と雨水活用シンポジウム&セミナー」を受けて第二回のシンポジウムを開催いたします。昨年のシンポジウム開催後に、その成果をもとに「雨水基準制度研究会」が立ち上がり、これまで活動を行ってきました。成果物として「雨水活用の手引き(素案)」を作成し、雨水活用の計画・設計、水量・水質、製品について普及に役立つように編集作業を進めています。これをもとにさらに民間基準に発展させるべくシンポジウムを企画いたしました。
気候変動に伴う雨水活用への取り組みは緊急かつ必須の課題であり、誰もが取り組める方法を共有する必要があります。民間の雨水基準をつくるだけでなく、公的な基準や制度を見直しにつなげていくことも急務となってきています。
雨水の制度や技術は諸外国に後れを取っており、海外の進んだ知見を取り入れつつ、日本の地域性にふさわしい仕組みをつくっていく必要があります。さらなる議論の推進にご協力いただきますよう、より多くの方々のご参加を期待いたします。

日時:2021年5月13日(水)13:30~16:30

会場:日比谷図書文化館大ホール(定員70名)及びZoomウェビナー

PDF
2020.12.31
【終了】【JLAU都市デザインセミナーVol.10】都市の中の森で遊ぶ/ここまでできるPark-PFI

コロナ禍の中、より存在感を増しているの屋外アクティビティ「フォレストアドベンチャー・よこはま」の事例見学を行います。「フォレストアドベンチャー」は、安全を確保する専用のハーネスを装着し、森の木から木へ空中移動していく、フランス発祥のアウトドアパークです。全国32か所で展開されてい て、横浜ではPark -PFI(公募設置管理許可制度)を活用し令和元(2019)年8月にオープンし人気を博しています。
現地見学参加者がフォレスト・アドベンチャーを実体験するとともに、運営管理者に樹林地を活 用したアクティビティの魅力、管理、運営、今後の展開についてのお話を伺います。

後日オンラインでも配信予定です。

【日時】2021年2月6日(土)13:00-16:00

【会場】フォレストアドベンチャー・よこはま(よこはま動物園ズーラシア隣接)

【講師】白井勇喜氏(株式会社フォレストアドベンチャー)

【参加費】 JLAU会員/学生:3500円、一般/3800円

【定員】 先着20名程度

【お申し込み】https://forms.gle/ELx2KXcgHb2Dm196A

【お問い合わせ】jlau.seminar@gmail.com

PDF
2020.12.15
【終了】JLAUスケッチ講座『基礎編』『実践編』の開催(2020 秋・冬)

【造園CPDプログラム 基礎編 20-0151~0154 実践編19-0155~0159 3.0単位/回】
八木健一さんを講師に迎え、ランドスケープ技術者に欠かせない風景スケッチの技術を学ぶ講座を開催します。
『基礎編』を10月に、『実践編』を11月~3月に毎月1回開催します。ぜひご参加下さい。
※新型コロナウイルスの感染状況により、日程変更や中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

『基礎編』 人数が定員に達しましたので申込み受付を終了しました
基礎から学ぶ全4回の講座を開催します。
1・2回は室内での基礎講習、3・4回は野外での実地講習を行います。
第1回 10.17.Sat 13:30~16:30 会場:中央区(詳細は別途お伝えします)
第2回 10.24.Sat 13:30~16:30 会場:中央区(詳細は別途お伝えします)
第3回 10.31.Sat 13:30~16:30 会場:明治神宮外苑
第4回 11.7.Sat 13:30~16:30 会場:日比谷公園
■参加費 JLAU会員・学生 1,000円/1講座、一般2,000/1講座
■募集定員 5名(最小決行人数3名)
■申込み〆切 10.14(水)

『実践編』
レベルを問わず、風景スケッチを学びたい方を対象に、野外でのスケッチ講習を行います。
基礎編を受講していない方も参加できます!
11.21.Sat 13:30~16:30 会場:日比谷公園(予定)
12.19.Sat 13:30~16:30 会場:日比谷公園(予定) 中止としました。ご了承ください。
1.16.Sat 13:30~16:30 会場:日比谷公園(予定) 中止としました。ご了承ください。
2.20.Sat 13:30~16:30 会場:日比谷公園(予定) 中止としました。ご了承ください。
3.20.Sat 13:30~16:30 会場:日比谷公園(予定) 中止としました。ご了承ください。
※会場は変更する場合があります。
■参加費 JLAU会員・学生・一般 1,000円
■申込み〆切 開催週の木曜日

『基礎編』『実践編』ともに事前の申込をお願いします。
「お名前」「所属」「メールアドレス」「当日の連絡先」「JLAU会員の有無」を記入し下記までお送りください。
お申込み・お問合わせ MAIL:seminar@jlau.or.jp

PDF
2020.10.28
【終了】熊谷玄講演会「物語を紡ぐ」JLAU関西ランドスケープセミナーVol.05

好評につき定員に達したため、Zoomウェビナーでの申込み受付を終了しましたが、
Youtubeでの同時配信を行うことになりました。ぜひご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=AK-KzcFnbp8
※但し、Youtubeでの視聴につきましては、造園CPD単位の取得はできません。あしからずご了承ください。事前申込者で造園CPD取得希望の方は、必ずZoomよりログインお願いいたします。


【講師紹介】
熊谷 玄(Gen Kumagai)
株式会社スタジオ ゲンクマガイ代表
1973 年横浜生まれ。
1995 年〜2001 年Studio 崔在銀
2002 年〜2008 年earthscape inc. を経て、
2009 年3 月より株式会社スタジオゲンクマガイ(STGK Inc.) 代表に。
愛知県立芸術大学(2011 年〜), 東京電機大学(2017 年〜), 千葉大学(2018 年〜) にて非常勤講師を務める。

【概要】
僕たちの活動は物語の始まりの一節を紡ぎ出す事だと考えています。それは、その場所と向かい合う事から始まります。僕たちはその場所と向かい合いながら、その場所が持つ様々な要素ー例えば光や空気。人の営みやそこにある自然。美しいものや醜いもの。その場所が持つ過去の記憶。それらを丁寧に拾い集めてその場所に物語を紡ぎます。紡がれた物語は、新たな人の営みを生み、さらに多くの物語を紡いでいくのです。今回の講演では、STGK のこれまでの仕事を紹介させてもらいながら、今考えていることや自分たちにとってランドスケープデザインとは何か?ということついてお話しできればと思います。

【スケジュール】
2020年11月28日(土) 18:30~21:00 講演会・質疑応答など

【会場】
オンライン(ZOOM)
Peatix のイベントページにてお申し込み後、イベントの視聴ページにアクセスできるようになります。当日にイベント視聴ページ上の「イベントに参加」ボタンを押してもらうことで、ZOOM の会場URL に移動します。

【申込み方法】
Peatix のJLAU 関西ランドスケープセミナー部会の当イベントページ(https://jlau-kansai-seminar-5.peatix.com/) にて申し込みください。
定員(100 名) に達し次第、申込を締切とさせていただきます。

【造園CPDについて】※認定プログラム 20-0201  2.5単位
造園CPD 単位の取得を希望される方はPeatix での申し込み時にアンケートにてご自身のCPD 会員ID 番号(12 ケタ)を記入してください。セミナー当日の中間で参加の確認を行いますので、必ず登録された氏名でログインしてください。当日参加の確認が取れれば自動登録されます。

【主催】
一般社団法人ランドスケープアーキテクト連盟(JLAU)
( セミナーに関する問い合わせは Peatix の当イベントページにございます、問い合わせボタンにてお願いいたします。)

PDF
2020.10.10
【終了】【JLAU 都市デザインセミナー Vol.009】これからのパブリックスペースのつくり方/ そだて方/ つかい方

コロナ禍の中竣工を迎えた二つの都市型ランドスケープの事例見学を行います。
どちらも公共の空間を民間が活用した事例ですが、パブリックスペースの捉え方にそれぞれの特徴があります。
二つの計画に携わった設計者と運営管理者をお招きして、これからのパブリックスペースのつくり方、そだて方、つかい方についてのお話を伺います。見学を通じて、都市計画、空間設計、運営管理の3 つの視点から、東京のこれからの風景について考える機会を設けます。今回は、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、現地見学+オンライン中継による見学会とさせていただきます。

<日 時>令和2年11月14日(土) 14:00 ~ 17:30 【造園CPD 6.0単位】

<会 場>
ののあおやま、MIYASHITA PARK

<講師>
【ののあおやま】水野成美(市街地開発㈱ 専務取締役 ㈱たりたり 代表取締役社長、一般社団法人まちづくりののあおやま理事)、平賀達也(株式会社ランドスケープ・プラス 代表取締役)
【MIYASHITA PARK】伊藤雅人(株式会社日建設計都市部門PUBLIC ASSET LAB アソシエイト)、大塚晃一(宮下公園パートナーズ 所長)

<参加費>
現地:JLAU 会員/ 無料、一般/2,000 円(現地定員20名)
オンライン: JLAU 会員/1,000 円、一般/2,000 円(オンライン定員50名)

<お申込み>
https://peatix.com/event/1662899

<お問い合わせ先>
seminar@jlau.or.jp(@を半角にして送信してください)

PDF
2020.07.31
【中止のお知らせ】ランドスケープアーキテクトセミナー

拝啓 平素は格別のご高配とご協力を賜り心より御礼申し上げます。
新型コロナウィルスの感染拡大による感染者が増加するなか、受験者の健康と安全を考慮し令和2年度RLA資格認定試験が中止となりました。下記セミナーについてはWEB開催としており、実施について検討を重ねて参りましたが、当該試験の対策を目的としたセミナーであるため、当該試験と併せて中止とさせていただくこととなりました。

スタッフ一同、開催にむけて準備をして参りましたが、苦渋の決断をせざるを得ない状況となり、受講を楽しみにしていた皆様には、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。 次年度の当該試験の実施が決まりましたら、本セミナーについても開催を実施する予定ですので、その際はご受講を検討いただけますと幸いです。 敬具

お問い合わせ:JLAU 資格教育委員会(e-mail:shikaku-kyouiku@jlau.or.jp)

PDF
2020.06.01
【終了】JLAUスケッチ講座『実践編』の開催(2020 春・夏)

八木健一さんを講師に迎え、ランドスケープ技術者に欠かせない風景スケッチの技術を学ぶ講座を開催します。

『実践編』を6月~9月に毎月1回開催します。ぜひご参加下さい。
※例年、『基礎編』を5月に実施しておりましたが、新型コロナウイルスの影響により今期は中止いたしました。次回は、10月に実施予定です。

『実践編』
レベルを問わず、風景スケッチを学びたい方を対象に、野外でのスケッチ講習を行います。
(基礎編を受講していない方も参加できます!)
6.27.Sat 13:30~16:30 会場:日比谷公園(予定)
7.18.Sat 13:30~16:30 会場:日比谷公園(予定)
8.15.Sat 13:30~16:30 会場:日比谷公園(予定)
9.19.Sat 13:30~16:30 会場:日比谷公園(予定)
※会場は変更する場合があります。
※新型コロナウイルスの影響により、日程変更や中止する場合がありますので、予めご了承ください。

■参加費 JLAU会員・学生・一般 1,000円
■申込み〆切 開催週の木曜日

事前の申込をお願いします。
「お名前」「所属」「メールアドレス」「当日の連絡先」「JLAU会員の有無」を記入し下記までお送りください。
お申込み・お問合わせ MAIL:seminar@jlau.or.jp

2020.02.26
【延期のお知らせ】公園活性化セミナー2019年度【公園の進化を考えるvol.1 -プレーパークのデザインに学ぶ-】

〈セミナー延期のお知らせ〉
新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、3/5に予定しておりました公園活性化セミナーを延期することといたしました。今後の開催につきましては改めてご案内いたします。参加をご予定されていた皆様、関係団体の皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

〈JLAU〉とプレーパークの運営に40年の実績がある〈NPO法人プレーパークせたがや〉が公園の進化を考える合同セミナーを開催します。今回は、公園利用者と公園設計者等の双方の視点から「遊び場/集いの場」について意見交換しながら、「あったらいいな、こんな遊び場 / 集いの場」を考えていきます。

<日 時>延期いたします。開催時期は改めてご案内いたします。
2020年3月5日(木) 10:00~12:00

<会 場>
かけはし都筑 多目的室(横浜市都筑区荏田東4-10-3 港北ニュータウンまちづくり館内)
横浜市営地下鉄「センター南」駅から徒歩8分、都築区総合庁舎バス停より徒歩5分

<内 容>
「あったらいいな、こんな遊び場 / 集いの場」
子どもたちが置かれている社会課題を背景に、公園利用者目線からの「問題意識」を共有しつつ、「あったらいいな、こんな遊び場 / 集いの場」について考えます。

講師、進行:大垣内 弘美 氏(プレーワーカー)

<参加費>:500円

<お申込み・お問い合わせ先>
お申し込みは、電子メールにて【件名】を「公園セミナー申込」とし、1.お名前、2.ご所属、3.一般、学生、JLAU会員の別をご記入の上、下記メールアドレス宛にご送信ください。(近日中に申し込みフォームを設定いたします)

お問い合わせも、下記メールアドレスまでお願いいたします。(@を半角にして送信してください)
Eメール seminar@jlau.or.jp

2020.02.09
【中止のお知らせ】3/10 18:15~ IFLA APR2021 TOKYO 大会誘致シンポジウム!Landscape architects without Borders 国境なきランドスケープアーキテクト

開催を予定いたしておりました、 3/10 Landscape architects without Borders 国境なきランドスケープアーキテクトは、昨今の公衆衛生に関する政府の自粛要請と、海外からのスピーカー招聘がかないませんでしたので、開催を中止させて頂くことになりました。

ご参加をご検討いただきながら、ご迷惑をおかけする事となり、大変申し訳ございません。

何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

JLAU IFLA委員会




国際造園家連盟アジア・パシフィック地域(地域)で活躍する

タイのランドスケープアーキテクト、
2019年のTIME誌で今世界が必要とする女性15人に選ばれたKotch Voraakhomと、

2019年のIFLA APR大会を成功させたフィリピンの代表Nappy Navarra、

2019年にIFLA APRの会長に就任した高野文彰などを招き、

国境なきランドスケープアークテクトと題し、シンポジウムを開催します。

災害と生きるアジアのランドスケープの知恵と最先端のグリーンインフラプロジェクトを紹介し、

国境を越えた職能の連携や気候変動対策などについても学びます。


キーワード:グリーンインフラ、SDGs、職能連携、IFLA APR2021 TOKYO 大会誘致事業

タイトル:Landscape Architects Without Borders 国境なきランドスケープアーキテクト
場所:東京農業大学世田谷キャンパス 18号館 1811 東京都世田谷区桜丘1-1-1
受付:18時15分受付 18時30分開始 20時30分終了
司会:福岡孝則(東京農業大学准教授)
講師:Kotch Voraakhom、Nappy Navarra、高野文彰、戸田芳樹、平賀達也、福岡孝則
学生:無料、JLAU会員:1,000円、一般:2,000円
主催:一般社団法人ランドスケープ連盟 IFLA委員会
日時:2020年3月10日 受付18時15分~ 18時30分開始 20時30分終了