What's JLA map

ようこそJLA mapへ。
JLA mapは、JLAUおよびJLAU会員が運営するランドスケープ・アーキテクチュアのガイドマップです。
JLA mapには、JLAU会員が携わった現代ランドスケープ作品を中心に、日本庭園等の歴史・文化的作品、それら作品の発想の源泉となる国内の海・山・川等の自然景観を地図上にマッピングしています。
マップ上の作品等は、継続的にJLAU会員が投稿するシステムとなっていますので、JLA mapには完成がありません。
本マップをきっかけに、みなさんが実際にその場所に足を運んでもらえれば幸いです。

Events

2018.06.28
【終了】JLAU観光部会フィールドワークVol.8 週末は田舎暮らし!【南房総のランドスケープ 二拠点居住から観光を考える】

【造園CPD認定プログラム 13単位】

■観光部会では6月に行われたJLAU観光部会セミナーVol.2【馬場未織氏講演:週末は田舎ぐらし!】観光と居住のあいだ 〜二拠点居住者が生む新たな観光〜のセミナーを踏まえ、フィールドワークを開催します。
南房総と勝浦の事例を参考にフィールドワークを行い今後の展開ができる手がかりを探ります。ふるってご参加ください。

■随行者:熊谷玄(ランドスケープデザイナー)
■プロフィール
スタジオゲンクマガイ (STGK Inc.)代表 / 東京電機大学非常勤講師 /  愛知県立芸術大学非常勤講師
Studio崔在銀(1995年〜2001年) earthscape inc.(2002年〜2008年)を経て2009年3月より株式会社スタジオゲンクマガイ(STGK Inc.)代表。
2017年までJLAU観光部会部長を務め、現在一般社団法人ランドスケープアーキテクト連盟理事/同事業セミナー委員
2017年受賞作:いすゞプラザ/SDA賞入選、左近山みんなのにわ/ソトノバ・アワード準大賞、グランモール公園再整備/ランドスケープコンサルタンツ協会賞 設計部門最優秀賞、左近山みんなのにわ - 住民による住民のための広場 -/まちなか広場賞 奨励賞、/ みなまき みんなのひろば (南万騎が原駅前広場)/横浜・人・まち・デザイン賞 まちなみ景観部門、他グッドデザイン賞多数

 

■御宿海楽リノベーション解説 

一色ヒロタカ (建築家)
■プロフィール
studio Irodori 建築設計事務所 (代表) / オンデザイン (パートナー) 実践女子大学非常勤講師 / 千葉工業大学非常勤講師 「協働を手掛かりに、小さな社会を動かしていくこと」をテーマに、住宅から店舗、施設等の設計を行うと同時に、まちへ結婚式をひらく「OPEN WEDDIMG」や、新潟県の30世帯の小さな集落の、地域文化継承の実践「田野倉集落のガッコウ」などを手がける。 御宿では千葉工業大学のメンバーとして、地方創生推進事業(COC+)により、地域の子どもたちが、DIYで地域へ関わる仕組みと空間づくりを実践中。 宿泊先である「御宿海楽」のリノベーションとして、ブランディングから建築設計を行った。

 

■千葉県房総エリアにおける地域活動解説

■加藤美栄(かとうよしえ)
■プロフィール
地(知)の拠点大学地域コーディネーター / 津田塾大学学芸学部国際関係学科(教育学専攻)/ 東京大学大学院 工学系研究科都市工学専攻(修士)卒業 / 約10年間の交通業界での勤務を通じ、観光からIT、危機管理に至るまで幅広い分野での国内外でのマーケティングリサーチを担当。過疎地域における交通実態を目の当たりにしたことがきっかけで、まちづくりや地方振興へ興味がシフトし、生産者と消費者、地方と都市を結ぶレストラン「六本木農園」「むかしみらいごはん」での勤務や企画、イベント運営を経た後、農業ベンチャー企業マイファームにて、農業ビジネススクールの運営に携わる。2016年2月より千葉大学にて文科省事業「地(知)の拠点大学における地方創生推進事業(COC+)」の地域コーディネーターとして、いすみ市をはじめとする千葉県房総エリアにおける若者定着プロジェクトや実践型教育プログラムの構築・実践を担い、自らも千葉外房に移住。

■富樫泰良(とがしたいら)
■プロフィール
外房経済新聞 編集長 / 一般社団法人オール・ニッポン・レノベーション理事 / 慶應義塾総合政策学部在学中 / 2009年に中高生主体の国際ボランティアネットワークCWPJを発足。若者目線で、御宿町の地域活性化に取り組んでいます。/ 史上初めて学生で「NHK日曜討論」に出演した他、TBS報道特集・ニュースバード、NHK「あさイチ」、青春リアル、板野パイセンなど出演。参議院選挙与党重点政策若者議会推進・若者担当大臣・これに変わる部局の設置等の提案者。著書「ボクらのキボウ 政治のリアル」/「世界一大きな授業」では超党派国会議員らに授業を担当。/ 東日本大震災の被災地で10代の意見を復興計画に反映させるため「閖上復興こども会議」を発足しコミュニティー再建にも取り組むほか、様々なところで地域振興、まちづくりにも取り組む。

■調査地:南房総市、御宿町、いすみ市  ■宿泊地:御宿海楽https://onjuku-kairaku.com/

■日時:2018年7月7日(土)〜翌8日(日)
7日 9:00海ほたる集合〜11:00現地到着〜南房総フィールドワーク〜19:00御宿海楽チェックイン
御宿海楽リノベーション設計者一色ヒロタカ氏による解説 〜地元有力者と共に懇親会
主な立寄り地、馬場未織邸、平群小学校、伊予ガ岳山頂、シラハマ校舎(解説手配中)、千倉海岸温泉夢みさき とみうら枇杷倶楽部富楽里とみやま鄙の里、道の駅保田小学校

8日 9:00〜御宿フィールドワーク 、富樫氏による解説〜いすみフィールドワーク〜加藤美栄氏による解説〜15時解散予定
主な立寄り地、グッドネイバーズ、月の砂漠公園、御宿ビーチ、御宿町役場(マイケルグレイブス設計)(調整中)、いすみがく拠点木戸泉酒造(調整中)

■人数  18人程度(車による移動、集合解散は参加者により調整します)
■参加費:25000円

申込/問い合わせ :seminar@jlau.or.jp JLAUセミナー委員会事務局
申込期限 平成30年6月28日(木)まで